• 英会話取得には留学が一番

    英会話を取得するためには、日本の英語教育に頼ってはいけません。



    日本の英語教育は、文法を重視しているため、読み書きのみ強化されるだけです。
    そして、それを補うように単語や熟語を暗記するため、一向に会話できるようにはなりません。

    そこで、留学して英語を話さなければならない状況に追い込み、英会話を取得できるでしょう。留学することで日本とは異なる環境となり、英語を無理して使わなければいけません。

    livedoorニュースが話題になっています。

    これによって英語を使う機会が極端に増え、少しずつ話せるようになります。
    さらに、自分からコミュニケーションを取るようにすれば、その機会をもっと増やすことができるでしょう。積極的にコミュニケーションを取っている分、英会話の取得成功率は高まります。


    注意として、スマートフォンアプリによる翻訳機能や自分以外に英語を話せる人を頼る行為は避けなければなりません。
    これらの方法に甘えてしまうと、英語を話そうと必死になる必要がなくなり、留学した意味がなくなります。
    コミュニケーションを取る際、完璧な文法にこだわる必要はありません。

    知っている単語をただ繋げるだけでも、簡単な英会話フレーズでも、十分にコミュニケーションを取ることができます。英会話する回数、コミュニケーション回数を増やすことで、英語を少しずつスムーズに話せるようになり、さらに現地の人が使う英語を学ぶことも可能です。



    新しい言い回しを学ぶ機会にもなるので、コミュニケーションはなるべく積極的に取ることがオススメです。