ねずみ駆除の方法について

ねずみの駆除を自分でする場合と業者に頼む場合があります。
自分で駆除する場合は殺鼠剤を使用する方法があります。



遅効性の薬剤なので、効果がでるまで、1週間かかる場合がありますが、死骸をみなくてもすみます。

駆除できているか確認したい場合は捕獲器を使います。

超強力粘着剤でネズミを捕獲するタイプやおなじみの金網の中にエサをつるし、中に誘い込む方法です。
ただし、死骸を目視するので、注意が必要です。



スプレーやくん煙剤などを直接ねずみに吹き付ける方法もあります。

通りそうな場所に先に吹き付けておくのも効果があります。

超音波や電磁波でねずみの嫌がるものを放射し、近づけなくさせる方法もありますが、すぐに効果はでないので、気長に実施します。ネズミの侵入口となる、戸袋、配管、通気口、排水口の隙間などに防鼠パテや金網を設置して、物理的にねずみが通れなくすることも効果があります。



カプサイシン等の、かじると嫌な味がする成分を含んでいますので、近寄るのをいやがるようになります。

業者の駆除の流れは、最初に現地に行き、建物の基礎廻りや屋根裏のすきまなどを調査します。

ねずみの足跡をみつけだします。

次に写真、動画を使い被害状況を確認します。
続いて駆除方法の見積により開始します。
トラップをあちこち仕掛けます。1週間たってもつかまらないときには、煙により追い出しをします。


その後糞や巣を除去します。
次に侵入口となりそうな穴の部分を金網で覆ってしまいます。




最後に消毒して終了となります。



http://education.oracle.com/pls/web_prod-plq-dad/db_pages.getpage?page_id=266&p_org_id=70&lang=JA
http://www.tokyo-takken.or.jp/kaigyo/exemption/
http://www.tokyo-takken.or.jp/kaigyo/exemption/